旧ホームページはこちら
ページトップへ戻る

当病院について

事業管理者あいさつ

2020年4月1日より、前事業管理者である松野正紀先生の命を受け、その業務を引き継がせて戴くことになった丹野弘晃と申します。
これまで院長職としても大変お世話になりましたが、改めてよろしくお願い致します。

さて、人口減少・高齢化が急速に進行する地域で、医療を維持し展開していくためには、柔軟に変化できる組織体にならなければなりません。

私見ではありますが、トップダウン的な地域医療構想の実現とボトムアップ的な地域包括ケアシステム構築の方向性は一致しており、当院の病院機能を維持継続するためにも、この流れを見極め対応しなければなりません。

これを踏まえて、当院は規模的にも地域的にも、「地域多機能型病院」即ち患者さんの状態に応じて柔軟に色を変えて対応できる愛称「カメレオン病院」を目指すことにしています。

具体的には救急診療・がん診療等の急性期診療を中心に、回復期診療のための地域包括ケア病棟と在宅診療に対応するための附属とわだ診療所を備えており、地域の変化に即応できる体制を構築しているところです。

地方公営企業でもある当院は、医療の公共性という公営性と経営という企業性を両立させながら存立し続けなければなりません。 当地に院長として着任した時の初心( 前院長挨拶参照 )を忘れずに、医療の質と経営の質のバランスを強く意識しながら、今後の病院運営に取り組んで参ります。

事業管理者 丹野 弘晃

院長あいさつ

当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
この4月から十和田市立中央病院の病院長を拝命した髙橋道長です。

十和田に住居を構えて、1年4ヶ月ほど経ちました。十和田の雄大な自然と人々の優しさ・暖かさに触れ、 市民の皆様の健康を守るために大きな役割を果たしている十和田市立中央病院のリーダーの座を与えられたことを心より光栄に思います。

私が院長に就任して間もなく、十和田市で、コロナウイルスのクラスターが発生し、突然予想もしていなかった大きな試練を与えられました。
未曾有のウイルス感染拡大の状況の元、新米院長である小生のリーダーシップに、心許ない面が多々あると多くの職員の皆様がお感じになるのはやむを得ません。
前院長で、現病院管理者の丹野弘晃先生や職員の皆様方の支援を受けながら、クラスターの拡散を防ぎ、市民の皆様が安心して受診できるような病院に早急に戻していきたいと思っています。

歴代の院長が基礎固めし、松野正紀前管理者と丹野前院長が継承して、改善・改革してきた十和田市立中央病院を、より充実したものにするため、全身全霊で打ち込む所存です。 そのための具体的方策として、医療安全と若手職員の教育に積極的に取組みたいと思います。

医療事故の発生を未然に防止することを第一の目標とし、万が一医療事故が発生した場合には、早急に対策を立てるとともに、医療事故報告制度を導入し、再発防止に取り組みます。

第二の目標は、医療系の学生や、初期研修医をはじめとする新人教育の充実です。次世代の教育をするためには、現有職員が自分自身を磨いて、新しい知識や技術を取り込むことが必須です。 教育体制を充実させることにより、現職員のスキルアップを図り、病院機能の向上を図りたいと考えています。

現在約17万人の上十三地区の人口も、毎年2000人程度減少していくことが見込まれており、人口構成の高齢化も避けられないものになっています。
幸い、十和田地区には、高齢者のための様々な支援施設が十分に供給されており、高齢者が医療サービスを受けやすい環境が整っています。
上十三地区における当院の役割は、2次医療圏の中核病院として、待機的疾患に対しては現時点での本邦の標準的医療を、急性期の疾患に対しては、できるだけ速やかに必要十分な医療を、 そして、がんを含めた終末期の方々には在宅訪問診療を中心とした医療を住民の皆様に安定して提供することと考えております。
これまで地域の診療所や病院の先生方との医療連携の強化を進めてきたことで、昨年地域医療支援病院に認定されました。 さらに多くの高齢者支援施設との連携を充実させることで、地域の皆様方と医療施設間のスムーズで、医療者従事者と入居者の顔が見える連携(地域包括ケアシステム)を一層促進させたいと考えております。

今後、コロナウイルスが収束して、世界中の人々が元のように自由に交流する日が訪れることを心より望んでいます。

その時が少しでも早く実現するよう、医療の安全と新人の教育を中心に据え、地域医療の充実に取り組みたいと思います。皆様方のご支援を賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

院長 髙橋 道長

理念

「いのちをみまもり、いのちをささえ、いのちをつなぐ」医療の実践

一人一人の人間としての尊厳が大切にされ、誰もが安心して暮らし、誰もが人間らしく生きることが出来る地域社会を構築し、地域住民の命を見守り、支え、繋いでいくために、上十三地域の医療機関、介護機関、福祉機関、行政機関、および地域住民と連携し、効率がよく、安全で、温かみのある医療を提供します。

基本方針

生活に寄り添う視点で効率のよい医療を行う(急性期医療の展開)

治る病気を持った人に対しては、効率のよい安全な医療が提供されると同時に、速やかに自宅の生活に復帰できるプログラムが提示され、病気が治らない人に対しては、病気を持ちながらも安楽に自宅で生活できるプログラムが提示されるような医療システムを構築します。
このために、チーム医療を核とした院内連携とともに、幅の広い円滑な院外連携を構築し、安全で質の高い地域完結型医療を目指します。

思いやりや温かみのある医療を行う(緩和医療・在宅医療の展開)

緩和医療とは、人間一人一人が楽に生きることを支援する医療の理念であり、 この理念はがんの末期にかかわらず、すべての病状に適用できるものです。この理念を全職員が理解し、病気を持った人や障害を持った人の人権や尊厳を重視した思いやりや温かみのある医療を展開し、身体的および精神的苦痛を緩和するための治療およびケアを積極的に提供します。
また、誰もがいつかは死を迎えることを自然のこととして捉え、その瞬間まで家族とともに、ご自宅を含めた希望する場所で、人間らしく生ききることができるように医療的側面から支援します。

がんや生活習慣病などの早期発見・予防に取り組む(健診・疾病予防の推進)

地域保健と密接に連携をとりながら、がんや生活習慣病などの検診率向上に積極的に取り組みます。この拠点としての健診センターを充実させ、地域住民の健康教育を推進し、短命県という汚名を返上するために全力を尽くします。

病院が提供する医療の質の向上を図り、常にその改善に努める{医療の質指標(QI)提示の推進}

定期的に根拠(エビデンス)に基づいた医療(EBM)が実践されている割合を示すQIを測定し、全職員一丸となってその改善に努めます。

誰もが理解でき納得できる医療を行う(情報開示と合意に基づく医療の展開)

医療を受ける本人に提示される診療の内容は、個人の経験だけに基づくものではなく、できるだけ事実として有効性が高いと証明されているものでなければなりません。
また、説明に際しては、どのような疾患であっても、医療を受ける本人に説明が行われ、理解できる言葉でわかりやすい説明が行われなければならないと考えます。その上で、医療を受ける本人の納得のゆく医療を協働して行うことを目指します。

病院の理念に賛同する医療介護福祉の従事者を育てる(人材の育成)

病院の理念に賛同する人材をひろく求め、積極的に育成するとともに、医療実践の場を提供します。人材は貴重な資産であり、その価値を高めるように努めます。

病院で働く人が誇りを持って快適に働ける環境を整備する(職場環境の整備)

働きやすい職場に良質な医療が宿るという考えのもと、病院内で働く人々が誇りを持って快適に働くことができるように、全職員の健康を第一に考えながら、職場環境の整備に取り組みます。

病院運営および経営の透明化を図る(病院経営の健全化)

病院経営の健全化を目指すために、病院運営および病院経営の透明化をすすめます。また、職員全員がコスト意識を持ち、医療はサービス業であるという意識を持って医療を受ける人に対応します。各部門が常に収支を分析し、増収および支出抑制を図ります。

臨床現場における倫理に関する方針

十和田市立中央病院のすべての職員は、以下の倫理規範を遵守し、医療およびケアを行います。

  1. 1.医療を受ける人の尊厳および権利を尊重します
  2. 2.医療を受ける人のプライバシーを尊重し、職業上の守秘義務を遵守します
  3. 3.医療に係わる個人情報を適正に管理します
  4. 4.医療を受ける人にできるかぎり大きな益をもたらすことを目指し、安全管理に最大の努力を払います
  5. 5.医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に寄与するとともに法規規範を遵守します
  6. 6.医療に係わるすべての人の立場を尊重し、協働して、提供する医療の質の向上に努めます
  7. 7.医療従事者としての義務と責任を自覚し、生涯学習の精神を保ち、知識と技術の習得に努めるとともに、医学および医療の進歩発展に尽くします

ページトップへ戻る

Contact

十和田市立中央病院
〒034-0093 十和田市西十二番町14番8号
Tel : 0176-23-5121(代表)Fax : 0176-23-2999
Copyright © 十和田市立中央病院 All Rights Reserved.