ページトップへ戻る

支援部門

薬局紹介

当院は十和田市を含む地域の中核病院として、地域がん拠点病院などの各種機能を持つ総合病院です。
そして当院薬局は薬剤師の専門性を生かし他の医療スタッフとともに地域医療・地域社会に貢献することを基本精神に業務を行っております。
入念な処方監査による調剤、抗がん剤の無菌調製及びがん化学療法支援、TDM、医薬品情報の提供、ベッドサイドでの薬剤管理指導業務、 薬学教育など幅広い業務を展開し、患者さんに質の高い安全な薬物療法を提供しています。 また、感染制御や緩和ケア、NST、糖尿病ケアなどチーム医療の一員として薬剤師の専門的知識や技能をもって患者さんを支えています。
薬剤師の育成においては専門知識の習得や先進医療に対応するため、各種認定・専門薬剤師の育成に力を入れており、研修会や学会などへの参加を支援しています。 薬学実務実習では薬剤管理指導やチーム医療などの臨床実習を中心に薬剤師の基礎を構築するとともに、 社会人として通用する人材の育成を目標に指導しています。
当院の薬局は患者さんにより良い医療を提供することを目的に、いっしょに学び成長できる場です。これからも明るく暖かい医療の担い手が集う、そのような薬局を目指していきます。

薬局長 栗山 稔

主な業務内容

処方調剤

処方調剤

調剤室では患者さんに安心してお薬を使用して頂けるような様々な取り組みをしています。 電子カルテと連動した調剤支援システムを用いて、処方箋や薬袋の発行を自動化し、 お薬の飲み合わせや重複処方のチェックなどを行っています。 また調剤前に行う処方監査では患者さんのカルテの内容を確認し、 処方箋の内容に疑問点や不適切な点があれば、必ず処方医に確認してから調剤を行います。

注射調剤

注射調剤

注射調剤室では電子カルテに連動した注射薬自動払い出しシステムを用いて、患者毎・一施用毎の注射薬セットを行い、 調剤時や施用時の安全性を確保するとともに、配合変化や用法用量などの処方チェックを行うことで薬物治療の有効性・安全性を図っています。
又、MRSA用抗菌薬のTDM解析を行っており、薬剤効果が発揮され副作用が起こらないように患者さん個々の投与量調節を医師へ提言しています。

抗がん剤調製とがん化学療法支援

抗がん剤調製とがん化学療法支援

複数の抗がん剤を組み合わせて行う化学療法は、院内の化学療法委員会で承認されたプロトコルに基づいて実施されます。 がん化学療法認定薬剤師を中心に薬局内のレジメン管理ソフトを用い、投与量・投与間隔・生涯投与量などの薬学的チェックを行います。 そして化学療法を受けられる患者さんの検査値・副作用などを確認し、化学療法が安全かつ有効に実施されるようにするとともに、 患者さんへはお薬の効果や副作用、治療中に注意して頂きたいことなどについて説明しています。
又、「がん薬物療法における曝露対策ガイドライン」に基づき安全キャビネットを用いて混合調製を行い、 揮発性の抗癌剤に対しては閉鎖式器具を用いるなど清潔で安全な環境の中で抗がん剤の調製を行っています。

医薬品情報管理(DI)業務

処方調剤

患者さんに医薬品を有効かつ安全に使用していただくためには情報が欠かせません。 医薬品情報管理室では医薬品に関する情報を収集・管理・評価し、医師や看護師などの医療スタッフに提供しています。 また、医療スタッフからの問い合わせに対し的確な情報を提供することも重要な業務の一つであり、 医薬品の副作用や用法用量、注射剤の投与方法や安定性、配合変化などの問い合わせが多くあります。 これらの質問に対して迅速に対応するため、書籍や学術雑誌などを整理保管するほか、 医薬品データベース(MDバンク)を整備し活用しています。

持参薬確認と薬剤管理指導業務

処方調剤

入院患者さんの持参薬の情報を確認し適切な代替薬を提案する他、服薬状況や副作用歴、アレルギー歴などの情報を確認して入院後の治療に役立てます。 また、相互作用や検査値のチェック、患者さんの状態などから副作用が発言していないかを確認し、安全で質の高い薬物療法の提供に努めています。
患者さんには薬の正しい使用法、服薬意義などを理解してもらえるように薬の効果・飲み方・使い方・副作用などを説明しています。 また、退院時には退院後にきちんと薬の管理ができるように、時にはご家族の方を交えて説明する場合もあります。 あなたの担当の薬剤師に薬に関する疑問などがございましたらご相談ください。

院外処方箋における疑義照会簡素化プロトコールの運用開始について
(2020/9/1~)

薬物治療の管理の一環として、調剤上の典型的な変更に伴う疑義照会を減らし、患者さんへの薬学的ケアの充実および処方医や保険薬局の負担軽減を図る目的で「院外処方箋における疑義照会簡素化プロトコール」の運用を開始します。

尚、本プロトコールの運用にあたっては、プロトコールの主旨や各項目の詳細について当院薬局担当者からの説明をお聞きいただいた上で、合意書を交わすことを必須条件としております。

院外処方箋における疑義照会簡素化プロトコールのお問い合わせは下記まで

ページトップへ戻る

Contact

十和田市立中央病院 薬局
〒034-0093 十和田市西十二番町14番8号
Tel : 0176-23-5121(内線2201)
Mail : yakkyoku-1@hp-chuou-towada.towada.aomori.jp
Copyright © 十和田市立中央病院 All Rights Reserved.