お問い合わせは
0176-23-5121

事業管理者あいさつ

2020年4月1日より、前事業管理者である松野正紀先生の命を受け、その業務を引き継がせて戴くことになった丹野弘晃と申します。
これまで院長職としても大変お世話になりましたが、改めてよろしくお願い致します。

さて、人口減少・高齢化が急速に進行する地域で、医療を維持し展開していくためには、柔軟に変化できる組織体にならなければなりません。

私見ではありますが、トップダウン的な地域医療構想の実現とボトムアップ的な地域包括ケアシステム構築の方向性は一致しており、当院の病院機能を維持継続するためにも、この流れを見極め対応しなければなりません。

これを踏まえて、当院は規模的にも地域的にも、「地域多機能型病院」即ち患者さんの状態に応じて柔軟に色を変えて対応できる愛称「カメレオン病院」を目指すことにしています。
具体的には救急診療・がん診療等の急性期診療を中心に、回復期診療のための地域包括ケア病棟と在宅診療に対応するための附属とわだ診療所を備えており、地域の変化に即応できる体制を構築しているところです。

地方公営企業でもある当院は、医療の公共性という公営性と経営という企業性を両立させながら存立し続けなければなりません。 当地に院長として着任した時の初心を忘れずに、医療の質と経営の質のバランスを強く意識しながら、今後の病院運営に取り組んで参ります。


事業管理者 丹野 弘晃

事業管理者の窓から


院長あいさつ

当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

昨年4月初旬に十和田の高齢者施設で、青森県の先駆けとなった新型コロナ感染症のクラスターが発生から、ほぼ1年が経ちました。
入居者と従業員のコロナ陽性者9人が当院に緊急入院してからおよそ2週間後、コロナ感染症病棟勤務の看護師への院内感染が判明しました。新たに1病棟を閉鎖して、感染症病床に勤務する看護師を確保し、救急患者の受け入れを縮小したうえ、検査や手術などの診療制限をして急場を凌ぎました。
6月にコロナ感染者の入院がようやくゼロになった時点で、通常診療体制に徐々に戻して参りました。
その間、多くの市民の皆様にご心配とご迷惑をおかけしたことに対し、心からお詫び申し上げます。

全国的には、本年4月から日本各地で緊急事態宣言が発令されておりますが、上十三地域でのコロナ感染の発生は、市民の皆様の感染症対策へのご協力の甲斐もあって、極めて低いレベルに押さえ込まれております。
5月には、当院でのコロナ感染者の入院が一旦ゼロとなり、リセットされた気分で、新年度を迎えることができました。

昨年の院長挨拶では、医療安全と職員教育に重点を置いて、病院運営にあたる旨をお伝えしていました。
今年は新たに、対外的には、コロナ感染症の収束と、三沢病院との間で締結した地域医療連携推進法人の推進を目標に掲げ、院内的には、経営の可視化・透明化と働き方改革の推進を加え、院内外での目標を明確にして、病院運営に当たる所存です。

世界的には、コロナ感染症が爆発している地域がある一方、ワクチン接種が進んでコロナ感染が抑えられている国もあります。
日本国内も、感染の広がりは、人の流れと人口密度に強い関連性を持っていることが確実視されています。都市部での広がりが、周辺に拡大していくのを、ワクチン接種を行うことによって抑えていくのが肝要と考えます。
十和田市役所との連携を密にして、できる限り早急に、住民の皆様のワクチン接種を済ませるよう努力すると同時に、三沢市立三沢病院との連携を刷新・強固にして、病院機能の分担と経営の安定化を目指します。
さらに、職員の働き方改革を推進することにより、病院職員の業務負担を減らし、全職員が継続的に、安心して勤務できる職場環境を整えることを目標にしようと考えています。

院長を拝命してから1年あまりが過ぎましたが、平年の3年分を昨年1年で経験したように感じています。
さまざまな手に負えないような出来事が、立て続けに発生し、次々に対策を立てる必要性に迫られたことが、その理由でしょうか。

4月からは、当院に新たに6名の初期研修医の他、消化器内科や婦人科の医師をはじめ多くの医療スタッフを迎えることができました。
これからの1年が平穏無事であることは望めそうもありませんが、来年こそ、コロナの無い時代が到来し、安らかな市民生活と、人々の交流が回復することを、皆様とともに目指したいと思います。

今年度も、何卒よろしくお願いいたします。


院長 髙橋 道長