お問い合わせは
0176-23-5121

初期研修医募集

当院の沿革と特徴

十和田市立中央病院は、昭和33年、十和田市が三本木病院を買収し、72床で開院しました。
昭和38年には216床に増床され、平成2年には一般病床375床、精神病床100床、結核感染症病床17床と、全体で492床まで増床されました。その後、地域の人口減少とともに、病院の集約化と機能分担を求められることになり、平成13年に、新病院構想が計画されました。

平成20年に、一部の旧病棟(別館:精神病床50床、感染症病床4床)を残したまま、そこから80m離れて、一般病床325床(本館)、全体で379床の新病院が竣工しました。
昨年、新型コロナウイルス感染症対策として、別館に感染症病棟として14床を準備し、別館と本館の間のスペースに救急車搬入患者用のプレハブ(A棟)と、歩行可能発熱患者用のプレハブ(B棟)を設置して、発熱者に対応しています。
一方、本館では本邦最新の放射線治療装置(トモセラピー)の更新工事中で、8月から稼働予定です。

当院の病院機能についてみると、上十三地域2次医療圏の中核病院として、早くから救急診療体制を重点的に整備してきました。 これまで第二種感染症指定医療機関(県内7病院)・災害拠点病院(県内9病院)・基幹型臨床研修病院(県内12病院)などに、指定されてきました。
また一昨年、地域医療支援病院としても承認され、地域の医療施設と協力しながら、救急患者や癌患者を中心に診療しています。

診療科別に見ると、循環器内科では、心臓カテーテル検査を常時行う体制を整えており、脳神経外科では脳梗塞患者への血管内治療にも取り組みを開始しました。
外科では、腹腔鏡手術を多くの消化器疾患に対して行っているほか、昨年から血管外科の診療も始めました。
消化器内科は、スタッフが若返り、最新の内視鏡治療に取り組んでいます。
さらに、総合内科では、内科系疾患の急性期診療と在宅訪問診療を、整形外科では、脊椎・四肢の手術に加えて骨粗鬆症の予防と治療を、メンタルヘルス科は精神救急にも対応するなど、各診療科で充実した診療を行っています。
年間平均2100台程の救急車を受け入れており、スタッフが2名以下の診療科(泌尿器科・産婦人科など)も、救急疾患には速やかに対応し、研修医教育には総じて熱心です。

初期研修医は現在10名で、全員が弘前大学出身ですが、お互い切磋琢磨して研修に励んでいます。
当院では一つの診療科で研修医が同時に多人数で研修することはほとんどなく、指導医と良好な関係を築くことができます。 様々な侵襲的手技や手術に関しても、1年目から経験してもらっています。

昨春、認知症高齢者グループホームで発生したコロナウイルス・クラスターは、全部で14名入院したものの、別館への封じ込めが成功し、本館や十和田市内への波及は食い止めました。
十和田市民の皆さんからは、数多くの暖かい励ましの言葉をいただき、全職員のモチベーションの維持・向上に役立っています。

このような状況の中、新人教育のための勉強会や、各種講演会などは、オンラインを含めて実践中で、コロナ以前の形に戻りつつあります。

全国的にコロナウイルス感染症が収束しておらず、病院見学もままならない状態ですが、医学生の皆さんには、熱意あるスタッフが揃った当院での研修をぜひ考えていただきたいと願っています。

院長 髙橋道長


臨床研修プログラムについて

二次医療圏の中核病院として、豊富な症例を経験でき、プライマリケア、専門的医療、救急医療、精神医療、緩和ケアを含めた包括的がん医療について研修します。
2年間で計36週の選択期間があり、比較的自由度の高いローテーションプログラムを作成することが可能です。また、1年目同士が同一診療科をローテーションしないよう配慮しており、1人あたりの症例や手技が一定数以上確保できるようにしています。
救急室においては、研修医が上級医の指導、アドバイス等を受けながら全科当直を行います(1,2年次は副直)。
各診療科では、指導医、上級医、後期研修医が将来志望診療科へ進むためのアドバイスなども診療を通して行っています。

長い選択期間を利用して、多くの診療科を経験し、将来専門とする診療科を検討・選択するためのローテーションをすることもできますし、既に決めている将来志望診療科を2年目で長く選択し、深みのある研修内容を目指したローテーションとすることもできます。
回診、術者・助手、術前・術後管理、検査、単独当直、オーダーなど、研修医が自ら頭と体をフルに動かし、臨床医としての基本的な臨床力を実践で身に付けることができます。


勉強会について※症例検討会等

研修医による症例発表・勉強会(月1~2回)、CPC、医療チームごとのカンファレンス、朝勉強会(週2回)、大学教授や専門家を招いての講演会など多数実施しております。
その他院外での勉強会や講習会へ参加するための旅費と参加費に対する助成も充実しております。


指導医体制の特徴

指導医、上級医、メディカルスタッフが研修をサポートしています。診療科ローテーション中は、1年目の研修医が1診療科に1名までとしているため、指導もマンツーマンで行われます。診療科によっては、1名の研修医に指導医3名などという環境もあります。
当直時も各診療科で待機医がいるため、オンコールによるサポートもあります。


学会の指定等

各種認定・指定情報へのリンク


身分及び処遇等

身分 会計年度任用職員
報酬 1年目 月額:541,380円(税込・諸費用天引前)、その他手当支給(期末手当、日当直手当等)
2年目 月額:555,380円(税込・諸費用天引前)
勤務時間 月曜日から金曜日の8時30分から17時00分、休日は土、日、祝、年末年始(12月29日~1月3日)
休暇 年次休暇/1年次12日、2年次13日
夏季休暇4日、特別休暇(出産・産前・産後、ボランティア、忌引等)、育児休業、介護休暇、育児短時間労働制度あり
福利厚生 社会保険、厚生年金保険、労働者災害補償保険、雇用保険(退職手当組合加入)、病院賠償責任保険の病院加入あり ※個人加入は任意
公舎 単身用・世帯用あり 入居料13,000円/月程度 駐車場あり、病院まで徒歩5~15分
当直 指導医に付いての研修当直(副直)が月4回程度、女性専用当直室あり
緊急時の呼出あり、患者の転院搬送あり、日当直業務は日当直手当支給
健康管理 指定期健診(年1回)、電離放射線障害防止健診(年2回)、各種抗体検査、予防接種等あり、メンタルヘルスチェック
病院内での個室 個人ブース設置、医局内オープンスペース
研修会・講習会等 研修費30万円/年上限に助成。講演会、セミナー等への旅費・参加等に使用できます。
教科書、教育用DVD等の購入にも使用できます。
医学図書関連 和雑誌各種、洋雑誌各種、和書各種、洋書各種、その他Up to date、メディカルオンライン、JDream3、医中誌web、ケアネット、教育用DVDあり

初期臨床研修医募集要項パンフレット

臨床研修に関する年次報告等

お問い合わせ

病院見学、院長・診療科医師との面談等についても随時受け付けています。
また、担当者がお伺いして詳細の説明を行なうことも可能です。
詳しくは、下記までお問い合わせください。

担当:医療支援室1 村上雄哉(むらかみゆうや)
TEL:0176-23-5121(内線2350)
iryosien@city.towada.lg.jp