お問い合わせは
0176-23-5121

臨床検査科

業務実績など

外部精度評価

検査結果は、治療方針の確立や治療効果の評価などに重要であり、患者の状態を正確に反映するものでなければなりません。 私たちは、正しい結果を出すために、毎日、機器・試薬をチェックします。これを内部精度管理といいます。
しかし、施設内で精度が高くても、他の医療機関などと乖離したデータでは本当の値を報告しているとは言えません。 そこで、同じ試薬・同じ方法を使用した他の医療機関などと全国規模で比較するのが必要不可欠となります。これを外部精度管理といいます。
当院における近年の外部精度管理調査結果を下記に示しました。

主催団体
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
日本医師会
98.7点
97.7点
99.3点
97.3点
95.8点
青森県医師会
100点
100点
95.9点
100点
98.6点
日本臨床衛生検査技師会
96.7点
98.8点
98.2点
97.3点
99.5点

学会活動など
2020年度
【学会発表】

「検査科から発信する肝炎アラートの効果」
 第69回日本医学検査学会 2020.10.01~10.30 前山宏太

【講演】

「市中病院における肝炎アラートの効果~検査室から付加価値を提供する~」
 内房臨床検査技師webカンファレンス(web開催)2020.11.11 前山宏太

「市中病院における検査室の業務改善~cobas 8000導入効果」
 ロシュWebセミナー in 東北(web開催)2020.12.12 前山宏太

2019年度
【講演】

「cobas 8000導入による検査室の業務改善」
 第2回東北コバスセミナー(青森市)2019.11.16 前山宏太

「検査科から発信する肝炎アラートの効果」
 上十三地区肝臓病学術講演会(十和田市)2020.1.17 前山宏太

2018年度
【学会発表】

「グルコース分析装置ADAMS Glucose GA-1172およびグリコヘモグロビン分析装置ADAMS A1c HA-8182の性能評価と導入効果」
 第45回青森県医学検査学会(八戸市) 2018.06.10 前山宏太、山崎栄一

「血糖・HbA1c 測定における更新機器の性能評価と導入効果」
 第7回日臨技北日本支部医学検査学会(青森市) 2018.11.10-11 前山宏太、山崎栄一

「検査科から発信する化学療法患者のHBV 再活性化対策」
 第7回日臨技北日本支部医学検査学会(青森市) 2018.11.10-11 前山宏太

【講演】

「当院における化学療法患者のHBV再活性化対策」
 十和田がん学術講演会(十和田市) 2018.6.1 前山宏太

「三本木高校職業人講和」
 青森県立三本木高等学校(十和田市) 2018.9.6 前山宏太

【座長】

第45回青森県医学検査学会 一般演題 生物化学分析部門(2)(八戸市)
 2018.06.10 前山宏太

2017年度
【論文投稿など】

「術中神経モニタリングの精度向上のための取り組み~当院での事例~」
 青臨技会誌 第42巻 p22~p26 2017.12
 前山宏太、新山貴子、柴山恵理佳、佐々木和富、赤坂健一、竹田哲司、沼沢拓也、岩崎宏貴、竹内政道

【学会発表】

「術中神経モニタリングの精度向上のための取り組み~当院での事例~」
 第44回青森県医学検査学会(野辺地町) 2017.06.04
 前山宏太、新山貴子、柴山恵理佳、佐々木和富、赤坂健一、竹田哲司、沼沢拓也、岩崎宏貴、竹内政道

「当院における術中神経モニタリング精度向上のための取り組み」
 第16回日本医療マネジメント学会青森支部学術集会(弘前市) 2017.09.09
 前山宏太、新山貴子、柴山恵理佳、佐々木和富、赤坂健一、竹田哲司、沼沢拓也、岩崎宏貴、竹内政道

【座長】

第44回青森県医学検査学会 一般演題 病理検査部門部門(2)(野辺地町) 2017.06.04 加藤泰史

2016年度
【学会発表】

「当院における輸血前後感染症検査の運用について」
 第43回青森県医学検査学会(むつ市) 2016.06.19
 上野文宏、寺井康詞郎

「当院における糖尿病型の探索と高血糖・低血糖の発生状況」
 第43回青森県医学検査学会(むつ市) 2016.06.19
 前山宏太、上野文宏

三本木高校職業人講話
 青森県立三本木高等学校(十和田市) 2016.10.06 前山宏太

【表彰その他】

平成28年度青森県臨床検査技師会 特別功労賞 川村多蔵